> 維管束植物 トップページ
 サルメンエビネ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ラン科
和名 サルメンエビネ
学名 Calanthe tricarinata Lindl
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IB類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦町
(撮影:三宅 貞敏)

選択理由  温帯下部ブナ林域に自生する種で、本県では生育地が1ヶ所と限定されており、個体数もごく少数である。現在は園芸採取によって消滅に近い状況と思われる。

形態 多年生地生ラン。葉は冬も緑色を保って残り、春に新葉を2〜4枚出して広楕円形、長さ15〜40cm、幅3〜11cm、先端に向かって急に細まり、無毛。5〜6月に新葉と共にやや太く短毛のある花茎が伸びる。花はやや散生し、唇弁は紅褐色、小さい2枚の側裂片と大きくて中央に3本のひだ状隆起が顕著な中央裂片からなる。他の5花被片は黄緑色。花に距がないことはナツエビネと同様である。

分布  日本では北海道、本州、四国、九州の山地に分布する。県内では錦町からのみ記録される。国外では台湾と中国(南西部)、ヒマラヤ、シッキムに産するが共に本種の変種とされる。

生育状況 温帯下部域のブナ林内のやや暗い場所に生育する。

文献  牧野「新日本」1084. 北村「草本」III54. 佐竹「草本」I225. 大井「植物誌」509. 岡「山口植物」239.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。