> 維管束植物 トップページ
 ヒロハテンナンショウ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サトイモ科
和名 ヒロハテンナンショウ
学名 Arisaema amurense Maxim. ssp.
robustum (Engl.) H. Ohashi& J. Murata
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦町
(撮影:秋丸 浩毅)

選択理由  県内では東部山地の一部地域に生育地が限定されており、個体数も少数である。

形態 多年生草本。球茎は扁球形で子球を形成、上部から根が出る。葉鞘は高さ20〜35cm、葉は1個で鳥足状に全裂、葉柄は10〜25cm、小葉は5個で倒卵形-卵形、長さ10〜15cm。5〜6月に開花し、花茎は長さ2〜5cm、仏焔苞は緑色、時に上方が紫色を帯び、小さい耳がある。肉穂は棒状で基部がやや太まる。山梨県と四国にシコクヒロハテンナンショウ、アジア大陸東部にアムールテンナンショウがある。

分布  日本では北海道、本州(日本海側)、九州(北部)に分布する。県内では錦町から知られる。国外では朝鮮半島、ロシア(サハリン)に分布する。

生育状況 温帯域のやや開けた樹林下に生育する。

文献  牧野「新日本」981. 北村「草本」III201. 佐竹「草本」I132. 大井「植物誌」351. 岡「山口植物」214.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。