> 維管束植物 トップページ
 セトウチギボウシ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ユリ科
和名 セトウチギボウシ
学名 Hosta pycnophylla F. Maek.
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IA類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
大島町
(撮影:南 敦)

選択理由  多年生草本。葉は円形で、その下面は粉白色をしています。8月〜9月に花茎を斜上し、淡紫白色の花を総状に着けます。葉の表面がやや粉白色をしているので、県内の他の野生のギボウシ類と一見して区別できます。花茎が直立せず斜上するのも特徴です。瀬戸内火山岩の風化土や集塊岩上に生育します。後者の場合、相当の乾燥にも耐えています。林道開発で多くが消滅し、あまり美しくはありませんが、園芸採取も多いです。山口県柳井市と大島郡の特産種で、他での分布は知られていません。きわめて貴重な希少種です。

選択理由  山口県からのみ知られる稀少種。分布上からみて貴重種であるが、生育地が限られているため、園芸採取や林道などの開発で消滅する恐れがある。

形態 多年生草本。葉身は円形で縁は細かく波曲し、基部は心臓形、下面は粉白色を呈する。8月下旬〜9月に花茎を出し、10個以上の淡紫白色の花を総状に着ける。苞葉は卵形、淡緑色。

分布  山口県特産種。県内では柳井市、大島郡からのみ記録される。

生育状況 乾燥した集塊岩地に生育する。

文献  岡「山口植物」227.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。