> 維管束植物 トップページ
 ムラサキ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ムラサキ科
和名 ムラサキ
学名 Lithospermum erythrorhizon Siebold et Zucc.
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IB類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:庫本 正)

選択理由  多年生草本。ワスルナグサの仲間です。6月ごろ白色の花をつけます。根は紫色なので万葉時代から染料にされています。また、薬用にもされました。火山灰地、火山岩地、石灰岩地などで日当たりのよい乾燥した低草地や疎生地に生育します。周囲の草丈が高くなると光を奪われ衰退します。日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、県内では秋芳町、美東町、阿武町、山口市、徳地町、久賀町に記録があります。しかし、現存するのは、秋芳町、美東町のいずれも秋吉台のみです。群落遷移や盗掘のためと思われます。

選択理由  県内では生育地が限定されており、現在も園芸、染料素材としての採取圧が高い。

形態 多年生草本。茎は方形、高さ60cm〜1mで通常分枝しない。葉は披針形-長楕円状披針形で長さ3〜7cm、幅0.7〜2cm、上面に斜上毛、下面脈上に開出毛がまばらにある、6月ごろ葉腋から短柄を出してその先端に白色の花を2〜3個着ける。がくは鐘形で長さ1〜1.5cm。

分布  日本では北海道、本州、四国、九州の山地草原に分布する。県内では秋芳町、美東町、阿武町、山口市 、徳地町 、美和町、久賀町の記録があるが、現存する地は秋芳町、美東町だけである。国外では朝鮮半島、中国、ロシア(アムール)から知られる。

生育状況 火山灰地や石灰岩地で日当たりのよいやや乾燥した草地に生育する。

文献  牧野「新日本」622. 北村「草本」I196. 佐竹「草本」III64. 大井「植物誌」1265. 岡「山口植物」449.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。