> 維管束植物 トップページ
 コウライタチバナ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ミカン科
和名 コウライタチバナ
学名 Citrus nipponokoreana Tanaka
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IA類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
萩市
(撮影:三宅 貞敏)

選択理由  常緑小高木。葉は卵状長楕円形で、葉柄に狭い翼があります。花は6月に開き、果実は大きく径6cmに達し、子室は9〜12室、果皮は厚いです。近縁種のタチバナは葉は小さく果実の径3cm、子室は8室以下、果皮はやや薄いです。昔は相当数自生があったといわれていますが、果樹園や樹林開発等で減少しました。海岸に近い常緑樹林内に生育していますが、周辺の樹木が繁茂すると衰退します。日本では萩市のみに自生しており、これが国指定の天然記念物になっています。国外では朝鮮半島(済州島)の分布が知られています。

選択理由  本県の生育地は日本で唯一の自生地であり、個体数も少数である。むかしは相当数の自生があったといわれるが、果樹園開発、樹林開発で減少している。

形態 常緑小高木。自生地ではタチバナと混生し類似する。葉は卵状長楕円形、葉柄に狭い翼があり、果実は大きく径6cmに達し、子室数9〜12、果皮も厚い。

分布  日本では本州(山口県)のみから知られ、萩市に自生して国指定の天然記念物になっている。国外では朝鮮半島(済州島)から知られる。

生育状況 海岸に近い常緑樹林内に生育する。周辺の常緑広葉樹が繁茂すると衰退する。

文献  北村「木本」I318. 岡「山口植物」365.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。