> 維管束植物 トップページ
 バイカイカリソウ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 メギ科
和名 バイカイカリソウ
学名 Epimedium diphyllum
(C. Morren et Decne.) Lodd.
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
下関市
(撮影:南 敦)

選択理由  多年生草本で4〜5月頃、径10〜12mmの白色花を総状に着けます。小葉はほとんど全縁で鈍頭、刺毛はないか、あってもわずかです。花弁に距がありません。近似のオオバイカイカリソウはバイカイカリソウとトキワイカリソウ(本県ではウラジロイカリソウ)の雑種で、色々な花色・形態のものがでており、群として考えないと1個体では判断できないものがあります。山麓、樹林下、道路端などに生育しています。まわりの植物の草丈が高くなると衰退します。園芸用に多数盗掘されています。日本では本州(中国地方)、四国、九州に分布し、県内では下関市、豊浦町、長門市に記録されています。しかし、現在は不明です。

選択理由  県内では生育地が限定されており、個体数もごく少数である。現在は道路工事や盗掘によりほとんど見られなくなった。

形態 多年生草本。4〜5月ごろ径10〜12mmの白色花を総状に着ける。葉は1〜2回2出複葉。小葉はほとんど全縁で鈍頭、刺毛はないかあってもわずかである。葉裏に開出する微毛がある。花弁に距がない。近縁種のオオバイカイカリソウはバイカイカリソウとトキワイカリソウ(本県ではウラジロイカリソウ)の雑種で、小葉はやや鋭頭、刺毛があり、花は白色・紅白色・紅紫色のものまであって、形質は一定でない。オオバイカイカリソウ群にはバイカイカリソウイカリソウやウラジロイカリソウと類似のものがあり、個体によっては同定の難しいものがある。

分布  日本の本州(中国地方)、四国、九州に分布する。県内では下関市、豊浦町、長門市から知られる。

生育状況 やや海岸に近い山麓樹林下、道端、畑地周辺部に生育する。まわりの草丈が高くなると衰退する。

文献  牧野「新日本」162. 北村「草本」II201. 佐竹「草本」II89. 大井「植物誌」729. 岡「山口植物」302.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。