> 維管束植物 トップページ
 オオヤマレンゲ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 モクレン科
和名 オオヤマレンゲ
学名 Magnolia sieboldii K. Koch ssp. japonica K. Ueda
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦町
(撮影:南 敦)

選択理由  落葉低木−亜高木。幹の下方から多数の枝を出します。葉は倒卵形−広倒卵形で長さ6〜13cmの単葉、花期は6月下旬で芳香のある白色花を下向きに開きます。近縁種のホオノキは高木で、通常幹の下方から枝をそう生せず単幹で、葉を節から車軸状に出し、花は上向きに開きます。県下では温帯のブナ林域の林床に生育します。種子による繁殖はほとんどなく、地に着いた茎から発根し新個体を増やしています。日本では本州(関東地方以西)、四国、九州に分布し、県内では錦町のみの記録があります。生育地が1ヶ所と限定され、盗掘や日照不足などにより著しい衰退が見られます。

選択理由  県内では生育地が1ヶ所、1個体群と限定されており、個体数も少数で、衰退が見られる。盗掘や日照不足が原因と思われる。

形態 落葉低木-亜高木。下方から多数の枝を出す。葉は倒卵形-広倒卵形で長さ6〜13cmの単葉。花期は6月下旬、径5〜10cmの芳香のある白色花を下向きに開く。近縁種のホオノキは高木で、通常幹の下方から枝を叢生せず、葉は茎の節から5〜6枚車軸状に出て大きさは20〜40cmと大きく、花は上向きに開く。

分布  日本の本州(関東地方以西)、四国、九州に分布する。県内では錦町からのみ知られる。

生育状況 ブナ林域の樹林下に生育する。倒伏した枝から発根し、新個体をつくる栄養生殖をする。県内では種子による繁殖は少ないと思われる。

文献  牧野「新日本」116. 北村「木本」II218. 佐竹「木本」I106. 大井「植物誌」736. 岡「山口植物」305.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。