> 維管束植物 トップページ
 ヒメハシゴシダ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヒメシダ科(旧オシダ科)
和名 ヒメハシゴシダ
学名 Thelypteris cystopteroides (D. C. Eaton) Ching
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
須佐町
(撮影:南 敦)

選択理由  常緑多年生草本。根茎は長くはい、葉は小さく長さ15cm以下でややまばらに生じ、通常は群生しています。ふつう見られる近縁のコハシゴシダに比べて、葉は小さく、ほとんど無毛で、裂片の先はやや丸いです。県内の種は海岸林でやや日当たりのよい林縁から疎林の林床に生えていました。主に暖帯下部−亜熱帯域に産する種で、日本では本州(伊豆半島、紀伊半島、広島県、山口県)、四国、九州に分布し、県内ではごく最近須佐町に記録されました。国外では朝鮮半島、台湾に分布します。県内では生育地が1ヶ所と限定され、かつ北限線上の一画をなすものとして大変貴重です。

選択理由  県内では生育地が1ヶ所と限定されており、かつ北限線の一画をなしており貴重である。

形態 常緑多年生草本。根茎は長く這い、葉はややまばらに出る。葉は長さ12cm前後になり、ほとんど無毛、羽片には短い柄があり、不規則に2〜5個の裂片に切れ込む。近縁種のコハシゴシダは葉の両面に毛があり、裂片の先は鋭頭。

分布  日本では本州(伊豆半島、紀伊半島、広島県、山口県)、四国、九州に分布する。県内ではごく最近田万川町から記録された。国外では朝鮮半島、台湾に分布する。

生育状況 やや日当たりのよい林縁の崖地、樹林の林床に通常群生する。

文献  岩槻「シダ」217. 中池「新シダ」556.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。