トップページ
キオビホオナガスズメバチ本州亜種   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 スズメバチ科
和名 キオビホオナガスズメバチ本州亜種
学名 Dolichovespula media sugare Ishikawa, 1969
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  近年中国山地で生息が確認された北方系スズメバチの亜種で、本県が分布の西限にあたる。今のところ県境の寂地山系のみで確認されており、個体数は少ない。

形態 体長は女王蜂19〜22mm、働き蜂14〜16mm、オス19mm前後。体は黒色で光沢があり、腹部には黄褐色の帯紋があるが、発達の度合いなどは変化に富んでいる。女王が別属のキイロスズメバチ(Vespa simillima xanthoptera)に擬態しているというが、単眼と後頭縁の間隔が小さいことで区別される。

分布  原亜種は北海道のみに分布、本亜種は中部山岳地帯以北に分布していたが、中国山地(鳥取県大山、島根県大万木山、広島県筒賀村、高野町、山口県錦町他)からも確認されている。県内では錦町寂地山で1964年8月15日に初記録以来、少ないながら近年まで生息が確認されている。

生息状況 寂地山では7〜8月にシシウドの花にオスがよく飛来する。樹間の小枝に巣をぶら下げて造り、小さなコロニーを形成、年1化で秋に次世代の女王とオスが現れ、女王だけが受精後越冬することが知られているが、県内での生態は未調査である。

参考文献  平嶋 1989, 朝比奈ほか 1965, 島根県 1997, 山口県立山口博物館 1988, 比婆科学教育振興会 1997
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。