トップページ
 タカハシトゲゾウムシ   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ゾウムシ科
和名 タカハシトゲゾウムシ
学名 Dinorhopala takahashii (Kono, 1930)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  日本固有の特徴のある小型ゾウムシで、分布は局所的である。県内では阿東町、錦町などで採集されているが、個体数は極めて少なく、近年はさらに減少している。

形態 体長4mm内外。黄赤褐色で頭部後方、胸背紋、上翅両側斑紋及び後腿節肥大部などは黒色。上翅には円錐突起や小突起を散在、後腿節は端部が肥大し鋸歯状の突起がある。ノコギリゾウムシの仲間に近いが、体色・形態などが異なり一見して区別できる。

分布  本州、四国、九州に分布。中国地方では広島、岡山県にも産するが数例の記録がある程度。県内では1965年阿東町で1個体と、1978年に錦町向峠で1個体、そのほか寂地山での記録がある。

生息状況 幼虫はサクラやスモモの葉に潜ることが知られ、成虫はサクラの幼木の葉裏などに見られる。本県でもいずれもサクラの葉上から採集されている。近年、スギなどの植林のためヤマザクラなどの雑木林が伐採されこのことが、本種の減少の一因としてあげられる。

参考文献  平嶋 1989, 林ほか 1985, 中根ほか 1965, 山口県立山口博物館 1988, 高橋 1994, 比婆科学教育振興会 1997, 山地 1997
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。