トップページ
 ハンノキカミキリ   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カミキリムシ科
和名 ハンノキカミキリ
学名 Cagosima sanguinolenta Thomson, 1864
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  日本全国に分布するが、極めて局所的。ハンノキ類、ヤシャブシ類に依存し、湿地帯を好むため、このような環境の少ない山口県では玖珂郡と阿武郡の2カ所からの記録しかなく、阿武郡の産地はオートキャンプ場建設のためハンノキが伐採され、それ以来発見されていない。

形態 体長15〜22mm。前胸は朱赤色で側面と背面に黒紋をもち、上翅は産地により色彩が異なるが、県内産は黒色の地に上翅会合部と側縁が朱赤色で、触角は白黒の斑模様である。

分布  北海道、本州、四国、九州及び千島、佐渡、神奈川県猿島、伊豆大島、新島に分布し、県内では錦町と阿東町で記録がある。

生息状況 5〜6月に出現し、ハンノキ・ヤシャブシの生葉や枝を後食する。広島県では、ヤシャブシより羽脱したことがあるが、県内では不明。

参考文献  平嶋 1989, 林ほか 1985, 日本鞘翅目学会 1884, 三好 1965a, 大林ほか 1992, 山口県立山口博物館 1988, 田中 1990
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。