トップページ
 オオツノハネカクシ   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ハネカクシ科
和名 オオツノハネカクシ
学名 Bledius salsus Miyatake, 1963
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  1963年に塩田の害虫として香川県産で記載され、その後本州、四国、九州の沿海部に広く生息していることが確認された。県内でも周防灘沿岸部で点々と記録されているが、分布は局所的で阿知須干拓を除いては採集個体は少ない。多産地の阿知須干拓が埋め立てにより生息地が壊滅状態となり、激減が危惧される。

形態 6.2〜7.3mm。オスは頭部と前胸背板にそれぞれ1本の角があり、メスは頭部前方に1対の突起がある。国内産同属他種とは、本種が大型であり、特異な角を有することで区別できる。

分布  本州(宮城、福島、千葉、東京、神奈川、愛知、岡山、山口県他)、四国(香川県他)、九州(福岡県他)に記録がある。県内では宇部市、阿知須干拓などの沿海部で多く記録されている。

生息状況 1960年代瀬戸内の塩田で流下盤粘土に多数の孔をあけ、大被害を与えて注目されたが、塩田が衰退した現在では干拓地の堰堤や海岸から離れた内陸部でも、粘土質の土壌を利用して生息範囲を広げている。本県でも、海岸から離れた宇部市の丘陵地で、かなりの個体が水銀灯に飛来している。製塩方法の変化で塩田がなくなり本種が絶滅した地域も多いという。また河川敷などコンクリート護岸が増え、生息環境はますます狭められている。

参考文献  平嶋 1989, 上野ほか 1985, 山口県立山口博物館 1988, 田中 1995b, 穂積 1990, 水城 1990, 柴田 1993, 山地 1997, 比婆科学教育振興会 1997
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。