トップページ
 ダイミョウアトキリゴミムシ
 (ダイミョウゴミムシ)
  ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オサムシ科
和名 ダイミョウアトキリゴミムシ
(ダイミョウゴミムシ)
学名 Cymindis daimio Bates, 1873
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  平地から低山地に分布する美麗種。局所的に生息し個体数は少ない。県内では現在豊北町角島と秋吉台の2カ所から記録されているが、角島では環境変化により絶滅が危惧される。

形態 体長8〜9mm。頭部、前胸背板および上翅中央から後半のU字状の紋が青藍色の光沢を帯びる。上翅の前方は赤褐色で軟毛で覆われる。

分布  北海道、本州、四国、九州、伊豆(神津島)など全国的に分布するが北海道以外では少ない。国外では朝鮮半島、シベリア東部、モンゴル、中国北部に分布。県内では1992年に角島で採集されて以来久しく記録がなかったが、1999年に秋吉台で相次ぎ記録された。

生息状況 比較的乾燥している草地や林地、草のまばらに生えている河原などに生息することが知られている。県内ではいずれも草地に面した側溝で採集されている。灯火にも飛来する。低地性で開発の影響を受けやすい生息環境にあり、今後の減少が心配である。

参考文献  平嶋 1989, 上野ほか 1985, 中根ほか 1965, 山口県立山口博物館 1988, 田中ほか 1999, 田中 1993a, 比婆科学教育振興会 1997, 山地 1997, 井上・花田 1979, 高倉・小野 1983, 竹井 1983
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。