トップページ
  ヒラタマルゴミムシ
 (ヒラクビナガゴミムシ)
  ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オサムシ科
和名 ヒラタマルゴミムシ
(ヒラクビナガゴミムシ)
学名 Cosmodiscus platynotus (Bates, 1873)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  平地や低山地に局所的に生息する稀種で、県内では美東町秋吉台が唯一の産地である。

形態 体長8〜9mm。黒褐色で体はやや偏平、特に前胸側片が幅広く、上翅に虹色の強い光沢がある。近縁のムネミゾマルゴミムシ(Caelostomus picipes japonicus)やツヤムネマルゴミムシ(Oxyglychus laeviventris)とは形態や生息環境を異にする。

分布  本州、九州、伊豆(御蔵島・八丈島)、トカラ諸島のほか、国外では東南アジアに分布。県内では1987年と1999年に秋吉台で2オス2メスが採集されている。

生息状況 秋吉台では牧場や養鶏場付近のコンクリート側溝で採集された。採集地は車道に面し草地や疎林が広がる環境であるが、周辺環境の改変が進行しつつある点が懸念される。

参考文献  平嶋 1989, 黒澤ほか 1985, 中根ほか 1965, 山口県立山口博物館 1988, 中山 1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。