トップページ
 エサキアメンボ   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 アメンボ科
和名 エサキアメンボ
学名 Limnoporus esakii (Miyamoto,1958)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
宇部市
(撮影:大木 克行)

選択理由  体長はオス7〜9mm、メス9〜11mm。体色は黒〜赤褐色、腹部結合板は銀白色で細長い美麗種です。触角は第4節がもっとも長い。ヨシやガマ、マコモなどの抽水植物の根際の水面で生活し、水面に落下した小昆虫を捕食します。生息環境がよければ多数の個体を見出すことができます。開放水面に出ることはほとんどなく、薄暗いヨシ原下の水面上でじっとしていることが多いようです。国内では、北海道から九州にかけて分布し、県内では、防府市、山口市、宇部市及び吉敷郡など瀬戸内海側の平野部を中心とした溜池で記録されています。

選択理由  ヨシ、ガマなどの抽水植物の多い池沼に生息するが、池が農業用水池として整備されることにより本種の生息に良好な条件を満たすことができなくなりつつある。

形態 体長オス7〜9mm、メス9〜11mm。体色は黒-赤褐色、腹部結合板は銀白色で細長く美麗なアメンボである。触角は第4節がもっとも長い。

分布  北海道から九州にかけて分布している。県内では、防府、山口、宇部および吉敷郡など瀬戸内海側の平野部を中心とした溜池で記録されている。

生息状況 ヨシやガマ、マコモなどの抽水植物の根際の水面で生活し、水面に落下した小昆虫を捕食する。生息環境がよければ多数の個体を見出すことができる。広範囲にわたって動き回ることは少なく、解放水面に出ることはほとんどない。薄暗いヨシ原下の水面上でじっとしていることが多い。

参考文献  宮本 1961, 三好・三時 1995, 大木 2001a, 大木・三時 1995,2001, 島根県環境生活部景観自然課編 1997
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。