トップページ
 ケシウミアメンボ   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カタビロアメンボ科
和名 ケシウミアメンボ
学名 Halovelia septentrionalis Esaki, 1926
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
東和町
(撮影:大木 克行)

選択理由  体長1.5〜2.4mm、オスは小型で卵形、メスはオスよりひとまわり大型で円みを帯びた菱形をしており、オス,メスで形態が異なります。体色は黒く無翅で、体表面にはビロード状の微毛が密生しています。比較的波の穏やかな内湾で採集されることが多く、潮流の影響を受けにくい淀んだ場所を好むようです。水面をなめらかに滑走し、海水面に落ちた小昆虫などを捕食します。国内では本州、四国から南西諸島の黒潮流域及び瀬戸内海に面する自然海岸の岩礁帯付近に広く分布しています。山口県では光市、大島郡の海岸からしか確認されていません。護岸工事等により生息環境の悪化が進行しています。

選択理由  瀬戸内海に面する自然海岸の岩礁帯付近に生息しているが、波のおだやかな内湾は人の手が入りやすく、護岸工事により生息条件が悪化している。

形態 体長1.5〜2.4mm。オスは小形で卵形、メスはオスよりひとまわり大形で円みを帯びた菱形をしており、雌雄で形態は異なる。体色は黒く無翅。体表面にはビロード状の微毛を密生する。

分布  本州、四国から南西諸島の黒潮流域ならびに瀬戸内海に面する自然海岸の岩礁帯に広く分布している。県内では瀬戸内海側の光市、大島郡の海岸からしか得られていない。

生息状況 比較的波のおだやかな内湾で採集されることが多く、潮流の影響を受けにくい淀んだ場所を好むようである。水面をなめらかに滑走し、海水面に落ちた小昆虫などを捕食する。

参考文献  宮本 1965, 大木 2000b
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。