トップページ
 ハウチワウンカ   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 グンバイウンカ科
和名 ハウチワウンカ
学名 Trypetimorpha japonica Ishihara,1954
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
福栄村
(撮影:大木 克行)

選択理由  体長は、翅端まで3mm内外です。体は灰白色で暗褐色斑があり、前翅は灰白色不透明で中央部は黒色、そこから放射状に黒帯を発します。短翅型と長翅型の2型があり、通常は短翅型ですが、稀に長翅型も出現します。湿性草原のチガヤに生息します。国内では本州、九州に分布しますが、全国的に記録が少なく、山口県では福栄村で確認されているだけです。

選択理由  全国的に記録が少なく、平成12年4月に見直し公表が行われた環境庁のレッドデータでは準絶滅危惧に選定されている。

形態 体長(翅端まで)3mm内外。体は灰白色で暗褐色斑がある。前翅は灰白色不透明で中央部は黒色、そこより放射状に黒帯を発する。短翅型と長翅型の2型があり、通常は短翅型であるが、稀に長翅型も出現する。

分布  本州、九州に分布する。県内からは福栄村で得られているだけである。

生息状況 湿性草原のチガヤに生息する。このような場所を探すと発見の可能性がある。

減少原因 減少の原因は不明だが、生息場所が局限されているため、生息地の保全が望まれる。

参考文献  石原 1965, 宮武 1977,大木 2002
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。