> 昆虫類・クモ類 トップページ
 アオハダトンボ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カワトンボ科
和名 アオハダトンボ
学名 Calopteryx japonica Selys, 1869
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  河川の水質悪化による水生植物の減少が本種の生息環境を著しく狭めている。県内の記録は非常に少なく、今後の調査が必要である。

形態 翅全体が暗色の特異な形態で、オスの腹長41〜48mm、後翅長31〜37mm。オスの翅は藍色に輝き、メスの翅は褐色で、白色の偽縁紋を有する。普遍的に分布する。ハグロトンボに似るが、翅の形や色彩などで区別できる。

分布  日本では青森県から鹿児島県まで広く分布している。県内では、宇部市、鹿野町から記録されている。

生息状況 平地や丘陵地の水生植物の多い清流に限って生息し、近似種ハグロトンボと混生する生息地では、本種の方が出現期が早目である。成虫の出現期は5月中旬頃から7月上旬頃までである。

近似種 ハグロトンボ C.atrata Selys, 1853

参考文献  池田 1988, 原 1999
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。