> 昆虫類・クモ類 トップページ
 オキナワルリチラシ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 マダラガ科
和名 オキナワルリチラシ
学名 Eterusia aedea sugutanii Matsumura, 1927
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
徳地町
(撮影:伊藤 靖子)

選択理由  本種は南方系で、紀伊半島、四国、九州の南岸及び南西諸島に生息します。中国地方では山口県の他に島根県と広島県の県境にそれぞれ1ヶ所、それに島根県隠岐島など数ヶ所の生息地が確認されています。県内では徳地町長者ヶ原の狭い地域でしか採集されておらず、またその生息範囲も限られています。食草はツバキ等の常緑樹で西日本に広く分布していますが、本種が県内の狭い範囲でしか採集されていないことから推測して、個体群のサイズはかなり小さいと判断されます。

選択理由  県内では徳地町船路(長者ヶ原)の狭い地域でしか採集されておらず、また、その生息範囲も狭い。

分布  本種は南方系で、紀伊半島、四国、九州の南岸および南西諸島に生息する。中国地方では山口県の他に島根県と広島県の県境にそれぞれ1ケ所、それに壱岐を加えた4ケ所の生息地が確認されている。県内では徳地町船路(長者ヶ原)のみがその生息地として知られている。

生息状況 食草はツバキ等の常緑樹で西日本に広く分布するが、本種が県内の狭い範囲でしか採集されてないことから推測して、個体群のサイズはかなり小さいと判断される。

近似種 県内には、本種の他に11種のマダラガ科の種の生息が確認されている。

参考文献  Owada・Horie 1992, 伊藤ほか 1998
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。