> 昆虫類・クモ類 トップページ
クビアカモモブトホソカミキリ   ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カミキリムシ科
和名 クビアカモモブトホソカミキリ
学名 Kurarua rhopalophoroides Hayashi, 1951
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  メスのみで単為生殖する世界唯一のカミキリで、本州の南西部以南に局地的に生息する。県内では川上村で数例の記録があるのみ。生息地一帯の環境の急変で生存が危ぶまれている。

形態 体長8〜10.7mm。体は黒く頭の頸部と前胸が橙赤色。上翅は灰色の直立毛におおわれている。形態がよく似たホタルカミキリ(Dere thoracica)とは、上翅の色彩と毛の有無で区別は容易である。

分布  本州南西部の奈良県(春日山、大峰山系)、和歌山県(高野山、大倉畑山他)、岡山県(臥牛山)、 山口県(川上村)のほか四国(高知県土佐清水市)、九州(福岡県立花山、中間市垣生、北九州市城山、種子島、対馬)に分布。別亜種が西表島、台湾に生息する。県内では川上村で1964年から1990年にかけて4例の記録がある。

生息状況 4〜5月にカエデ、コデマリ、タラヨウ、クリ、マサキ、スダジイなど各種花に飛来する。渓谷斜面に点在するソヨゴの枯れ枝、クロガネモチ、タラヨウが食樹として記録されているが、川上村では花上で採集されており、食樹は未確認である。

参考文献  平嶋 1989, 日本鞘翅目学会 1984, 山口県立山口博物館 1988, 三好 1965a,1972, 田中 1975c, 1976a, 椋木 1991a, 緒方 1980, 大塚 1985, 加藤 1991
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。