> 昆虫類・クモ類 トップページ
 オオウラギンヒョウモン ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 タテハチョウ科
和名 オオウラギンヒョウモン
学名 Fabriciana nerippe (C. et R. Felder)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:後藤 和夫)

選択理由  タテハチョウ科ヒョウモン類の中で最大の種です。かっては県内各地の草原で見られましたが、現在では県中央部の秋吉台周辺でしか生息が確認されていません。国内では本州、四国、九州に局地的に分布していますが、いずれの生息地も絶滅状態にあり、山口県は残された数少ない生息地の一つです。乾燥した藪状でない草原に生息しており、秋吉台はその環境が人為的に保存された場所として有名です。しかしながら、秋吉台の草原も、ササやススキを主体とした草原へ移行しています。そのため、本種の食草であるマスミレの生育には不適当な環境となり、個体数も減少しています。

選択理由  かつては県内各地の草原で見られたが、現在では県中央部の秋吉台周辺でしか生息が確認されず、しかも個体数は激減した。

形態 タテハチョウ科ヒョウモン類の中で最大型。近似種にウラギンヒョウモンがいる。

分布  国内では本州、四国、九州に局地的に分布するが、いずれの生息地も絶滅状態にあり、山口県は残された数少ない生息地の一つである。

生息状況 乾燥した薮のない草原が本種の生息地で、秋吉台はそのような環境が人為的に保存された生息地として有名。さらに1988年には秋吉台全域での昆虫採集が禁止されたが、個体数回復の決め手にはなっていない。

近似種 ウラギンヒョウモンに比べ大型であり、また後翅表裏面の亜外縁に沿った斑紋がハ−ト型を呈することで、区別は可能である。

減少原因 秋吉台は草原維持を目的とした野焼きに加えて、家畜の飼料としての草刈りが慣行的に行われていたが、現在はその草刈りも行われなくなり、かつての草原はササやススキを主体とした草原へと移行し、本種の食草であるマスミレの生育には不適当な環境に移行しつつあることが大きな要因としてあげられる。

参考文献  福田ほか 1983, 光蝶グル-プ 1962, 上村(正)・上村(兼) 1962, 池田 1966a, 佐々木 1988, 原田 1987, 竹下 1987, 村田 1988, 武次 1994, 後藤 1999b
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。