> 淡水産魚類 トップページ
 ルリヨシノボリ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ハゼ科
和名 ルリヨシノボリ
学名 Rhinogobius sp. CO
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
玉江川
(撮影:酒井 治己)

選択理由  時に体長10cm以上に達します。ルリヨシノボリは頬に明瞭なルリ点が散在しますが、他のヨシノボリ類ではアヤヨシノボリを除いてルリ点はありません。アヤヨシノボリは琉球に分布し、尾鰭の真ん中に点列があることでルリヨシノボリと区別できます。北海道から九州にかけての日本全国の小・中河川の中・上流域に分布します。山口県では、日本海側と瀬戸内海側東部の一部の河川上流域にのみに生息しています。仔稚魚はふ化後いったん海まででるので、河口域の汚染やダム建設は本種の減少の原因になります。

選択理由  多くの生息地で生育環境が悪化し、個体数が減少している。

形態 全長7〜10cm。時に12cm以上に達する。第1背鰭6棘、第2背鰭1棘8〜9軟条、胸鰭19〜22軟条、腹鰭1棘5軟条で、腹鰭は左右が癒合し強力な吸盤を形成する。頬に瑠璃色の斑点が散在する。胸鰭の付け根に赤色条で縁取られる一淡色帯がある。背、臀、尾鰭の条は色が濃く、鰭の縁辺は淡色である。尾鰭の付け根に八の字の黒色斑がある。

分布  北海道から九州にかけての日本全国の小・中河川の中・上流域に分布する。山口県では、日本海側と瀬戸内海側東部の一部の河川上流域にのみに生息している。

生息・生育状況 数km以下の小河川の上流部で、比較的流れの早い瀬に生息する。平野部の河川にはあまりいない。水生昆虫、付着藻類を食べ、雑食性。産卵期は5〜7月で、オスが石の下に産卵室を作り、メスを招き入れて天井に一層に卵を産み付け、オスが保護する。ふ化仔魚は降河し、数ヶ月海で過ごした後に河川に遡上する。

近似種 琉球列島と小笠原諸島を除く日本には、胸鰭軟条数15〜17で降海しないカワヨシノボリ、頬にミミズ状の縞のあるシマヨシノボリ、胸鰭の付け根に一黒点のあるオオヨシノボリ、胸鰭付け根に明瞭な三日月斑のあるクロヨシノボリ、尾鰭の付け根付近に橙色斑のあるトウヨシノボリなどが生息するが、主にこれらの斑紋特徴によって区別されている。

学術的価値 明治以来、日本のヨシノボリは一種とされていたが、大卵を産み降海しないカワヨシノボリが発見されて以来(Mizuno, 1960)、主に斑紋によって区別され、生態的にも異なる多くの型が報告された。最近、遺伝学的調査によりそれぞれが別種であることが確認され、現在では日本だけでも10種以上に分類されている。これらの近似種がどうやって分化し、すみ分けているか、また、河川陸封性のカワヨシノボリがどう進化したかなど、謎は多く、種分化研究のモデルグループとして学術的価値は高い。

減少原因 河川改修による生息場所の減少、水質汚染、河川横断構築物の稚魚の遡上阻害など。

参考文献  後藤ほか 1994, 川那部・水野 1989, Masuda et al. 1989, Mizuno 1960, 水野 1976, 1981, 水野・後藤 1987, 水野ほか 1979, 水岡 1967,1971,1974, 中坊 2000, 酒井ほか 1999
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。