> 淡水産魚類 トップページ
 カマキリ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カジカ科
和名 カマキリ
学名 Cottus kazika Jordan et Starks
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
田万川町
(撮影:酒井 治己)

参考文献  体長20cmに達することがあります。普段は河川に生息しますが、産卵の時は沿岸まで降海します。カマキリはカジカよりも頭部が大きく、口蓋骨(口の天井)に歯がありますが、カジカには口蓋骨に歯がありません。日本固有種で、神奈川県から宮崎県に至る太平洋側と、秋田県から福岡県に至る日本海側に分布します。山口県でも、日本海側のいくつかの河川で確認されています。原因は必ずしも明らかではありませんが、全国的に減少傾向にあるようです。

選択理由  生息が確認された河川が少なく、しかも確認された生息数が少ない。全国的にも減少の傾向にある。

形態 淡水産カジカ類の中では最も大型になり、全長20cm。時に30cmに達するものもいる。体色は灰褐色で、黒褐色の横帯が第2背鰭下方に2〜3個、尾柄部に1個ある。頭部形態では、前鰓蓋骨の後縁に4本の棘があり、最上棘は上方に強く曲がる。この棘でアユをひっかけて食うという伝説に由来したアユカケという別名もある。また、何らかの刺激を受けると、体色が白っぽく変化し、特に小型魚で顕著である。山口県産カマキリの鰭の棘及び軟条については、背鰭は7棘16軟条、臀鰭14軟条、胸鰭16〜17軟条である。胸鰭軟条はすべて分岐する。鱗は成長に伴って皮膚下に発生、成長し、消失する。全長13mm前後で鱗が発生し始め、皮膚上には鱗の先端が棘状に突起する。全長25mmを越える頃から鱗が退化を始め、全長95mmでほぼ外観上鱗は認められなくなる。

分布  日本固有種で神奈川県相模川から四国を含み宮崎県に至る太平洋側・秋田県雄物川から福岡県に至る日本海側に分布し、特に本州の日本海側で多い。福井県九頭竜川では天然記念物に指定されている。河川の中流域を中心に生息し、特に瀬の礫底を好む降河回遊魚である。山口県では以前は大井川、粟野川にも遡上していたようであるが、近年は阿武川、須佐川、田万川でのみ確認されている。阿武川では河口にもっとも近い堰の直下でかなりの数が捕獲されている。1999年7月31日の調査では、須佐川下流の瀬で2個体、田万川下流の瀬ではかなり多くの個体を観察できた。

生息・生育状況 産卵期は1月上旬から3月中旬である。夜間に川の中層を下った成魚は、海の沿岸近くで石の下の空所にオスがなわばりを持ち、メスを誘って石の下面に卵を産着させ、オスは孵化まで卵を保護する。産着卵の直径は1.5〜1.7mmである。孵化した仔魚は沿岸部で浮遊生活をした後、全長13〜15mmの稚魚に成長して川に遡上する。県内の分布は全体的に確認個体数が少なく、詳細は不明である。

近似種 カジカ類はハゼ科のドンコと混同しやすいが、カジカ類の成魚には鱗がない。カマキリは同じカジカ科のカジカよりも頭部が大きく、口蓋骨に歯がある。また、カンキョウカジカは胸鰭軟条が分岐しないこと、ハナカジカは前鰓蓋骨の後縁の棘が3本であることで区別できる。

学術的価値 カジカ科魚類のほとんどは海産であり、そのうち日本に生息する淡水産カジカ類はヤマノカミ属1種とカジカ属7種の計8種である。淡水産カジカ類は海産カジカ類が淡水域へ進入する過程で派生した特化群と考えられている。カンキョウカジカ・エゾハナカジカ・カジカ小卵型(ウツセミカジカ)及び中卵型は両側回遊性、ハナカジカ・カジカ大卵型は河川陸封性、ヤマノカミ・カマキリは降河回遊性と、それぞれ異なる生活史を持っている。本種はカジカ科魚類が淡水域へ分布を広げる際の進化過程の移行期の生活史を持っており、カジカ科魚類の生活史の進化を研究する上で重要である。 また、阿武川は確認されているうちの本州分布域の西限であり、生物地理学的にも興味深い。

減少原因 減少の要因は不明だが、カマキリは飛び跳ね行動を示さず、腹鰭も吸盤状ではないので、自然河川ではごく低い堰でも遡上出来ず、生息域が狭められ近年全国的に減少していると推測される。

参考文献  畑間 1996, 環境庁 1991, 川那部・水野 1986, 宮地ほか 1963, 水野・後藤 1987, 鬼倉ほか 1998, 桜井・水野 1986, 杉本 1995, 利重 1973
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。