> 淡水産魚類 トップページ
 ゴギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サケ科
和名 ゴギ
学名 Salvelinus leucomaenis imbrius
Jordan et McGregor
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー 地域個体群(西中国地方のイワナ[ゴギ])
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦川・深谷川
(撮影:酒井 治己)

選択理由  体長は一般に15cm前後ですが、大型のものは40cmに達することがあります。ゴギの体側面の白点は大きく、頭部にも大きな白点か虫食い模様があるのに対し、他の地域のイワナ類は、白点が小さかったり、朱点が散在したり、頭部に模様がなかったりします。本種は、中国地方の一部にのみ分布します。山陰では島根県の斐伊川から高津川まで、山陽では岡山県の吉井川から山口県の錦川までが自然分布域です。森林伐採、河川改修、および砂防堰堤建設などによる生息環境の悪化により激減しています。

選択理由  錦川における生息環境が悪化している。

形態 全長は一般に15cm前後でメスがやや大きい。1989年には佐波川上流の滑川合流点で全長40cmのゴギが確認されている。背側は暗褐色で青みを帯びる。体側は淡い茶褐色で黒いパーマークが並ぶ。体側の下方は白い。腹面は白、黄、橙、柿色など河川によって色が変わる。背側から側線の下にかけて瞳大の白い斑紋がまばらに散る。頭頂の淡色斑が虫喰い模様になった個体が多い。胸鰭、腹鰭及び臀鰭の前縁は乳白色で、尾鰭の上及び下縁は赤い。

分布  中国地方の一部にのみ分布する。山陰では島根県の斐伊川から高津川まで、山陽では岡山県の吉井川から広島県の太田川を経て、県内の錦川までが自然分布としての範囲である。錦川水系上流域では常国、深谷、大野、小西、秘密尾および米山に生息しているが、小西は森林伐採等の環境破壊による減少が目立つ。県内の佐波川でもゴギが採集できるが、これは山陰(高津川)から1957年頃に移入されたものが繁殖を続けているものと考えられる。

生息・生育状況 中国地方の河川の上流域に生息している。冬にはやや下流にも広がる。流れの緩い場所で底生的な生活をし、流下昆虫や底生昆虫を食べている。一般に勾配が急で、大きな石や岩盤からなり、水は清澄で水温が夏季20℃を超えないところに棲む。

近似種 北海道と本州にはゴギによく似たアメマス、イワナ(ニッコウイワナ)、ヤマトイワナが分布するが、これらに比べて中国地方のゴギは、頭部に淡白色の斑紋をもち鰓耙数が少ない。木村(1977)によれば、他に上枝鰓耙数、縦列鱗数、脊椎骨数も少ない。紀伊半島のキリクチ(ヤマトイワナ)もこれらについて同じような値を示すが、体側にある淡白色の斑紋が小さく頭上に斑紋はない。北海道のオショロコマとミヤベイワナは体に鮮紅色の斑点をもつため明確に識別できる。

学術的価値 世界のイワナ属の中で最も南に位置する地方に分布しているなど、生物地理学的に興味深い。

減少原因 森林伐採、河川改修、および砂防堰堤建設などによる生息環境の悪化により激減しており、生息環境改善などの保護対策が必要である。

参考文献  藤岡 1991, 今西 1986, 片山 1976, 片山・藤岡 1971, 川那部・水野 1989, 木村 1977, 水野・藤岡 1977, 中村 1971, 佐藤 1963, 利重 1973
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。