> 淡水産魚類 トップページ
 サクラマス(降海性)
 ヤマメ(陸封性)
ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サケ科
和名 サクラマス(降海性)
ヤマメ   (陸封性)
学名 Oncorhynchus masou masou (Brevoort)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦川・深谷川
(撮影:酒井 治己)

選択理由  河川に残留したものがヤマメ、降海性のものがサクラマスと呼ばれ、サクラマスの体長は40〜60cmに達します。サクラマス(ヤマメ)の体側面には朱点がないのに対し、近縁のサツキマス(アマゴ)には朱点が散在します。サクラマス(ヤマメ)は主に北海道、東北・北陸地方に分布し、日本海側では山口県から九州西岸、太平洋側では千葉県までに及びますが、瀬戸内海側にはいません。山口県では、日本海側の大きめな河川に生息します。しかし、アマゴが無分別に放流され、純粋なサクラマス(ヤマメ)は少なくなりました。

選択理由  確認された生息地点が少なく、しかもダムや取水堰などの河川横断構築物により生息環境が悪化している。

形態 サクラマスはヤマメと同種であり、河川に残留したものがヤマメ、降海して大型になったものがサクラマスと呼ばれる。サクラマスの体長は40〜60cmであり、体色は銀白色で背部と尾鰭に黒点が散在する。降海が近づくと黒ずんでいた体色は銀白色に変わり、ヤマメに見られるパーマーク(7〜10個)が消えるというスモルト化が見られる。河川への遡上後9〜10月にかけての産卵期が近づくと、体色が黒ずみ桜色のまだら模様が浮き出る。

分布  降海性であるサクラマスは主に北海道、東北・北陸地方に分布し、特に北海道の日本海側が分布の中心である。サクラマスの遡上の南限は、日本海側では山口県、太平洋側では千葉県であり、北陸地方以西の日本海側と九州には河川に陸封されたヤマメが見られる。県内では、日本海側の田万川、阿武川、三隅川、深川川、粟野川に遡上している。またヤマメは、田万川、阿武川、三隅川の上流に陸封されている。国外では、オホーツク海沿岸からサハリン、アムールを径て朝鮮半島東部に分布する。

生息・生育状況 県内では、サクラマスは三隅川・深川川で毎年10個体程度確認されているが、確認個体数は少なく生息状況の詳細は不明である。田万川・阿武川ではサクラマスの産卵が見られることがある。サクラマスの産卵期は9〜10月であり、孵化後稚魚は少なくとも1年間淡水生活を送る。他のサケ属魚類と異なり、稚魚期に海洋生活に移るものは見られない。生後2年目の4〜6月にスモルト化が始まり降海するが、降海するものはメスが多い。降海後北上しオホーツク海で越夏するが、降海した年の秋には日本の沿岸に戻り、翌春の遡上期までそこで過ごす。サケほど遠洋に出ることはなく沿岸性が強い。生後3年目の3〜4月にかけて未熟な状態で母川に遡上し、淵などの深みで成熱し産卵する。ヤマメは、瀬戸内海に流入する河川には天然に分布しないが、椹野川では1975年にヤマメが放流され、1981年にはヤマメとアマゴの混棲が見られた。また、錦川水系深谷川においても1996年にはヤマメとアマゴが混棲していた。

近似種 近縁の亜種サツキマスでは背部や体側に朱点が散在することから、サクラマスと区別される。

学術的価値 中国地方における天然分布は、サクラマスが日本海に流入する河川に、サツキマスが瀬戸内海に流入する河川にそれぞれ遡上し生物地理学的に興味深い。しかし、近年特に中国地方と九州ではヤマメ域へのアマゴの放流が目立ち、両者の地理的分布の人為的攪乱が進んでいる。また、両者の交雑も起こっており、種分化や種保存等の諸問題は重要である。

減少原因 水質汚濁やダム・堰堤による河川の分断により遡上が妨げられたり、河川改修工事により産卵場所が減少するなど生息環境が悪化していることが減少の原因と考えられる。また、放流されたアマゴとの交雑により遺伝的攪乱が進行し自然分布が混乱していることも減少の一因としてあげられる。

参考文献  藤岡 1991, 今西 1986, 片山・藤岡 1965, 河口 1997, 川那部・水野 1989, 松原 1982, 宮地ほか 1976, 水野・後藤 1987, 鈴木 1982, 立川 1982, 利重 1966,1970,1973 
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。