> 淡水産魚類 トップページ
 サツキマス(降海性)
 アマゴ(陸封性)
ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サケ科
和名 サツキマス(降海性)
アマゴ   (陸封性)
学名 Oncorhynchus masou ishikawae
Jordan et McGregor
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦川・深谷川
(撮影:酒井 治己)

選択理由  河川陸封性のものがアマゴ、降海するものがサツキマスと呼ばれ、サツキマスが減少しています。海から遡上してくるサツキマスの体長は30〜40cmに達します。サツキマス(アマゴ)の体側面には朱点が散在するのに対し、近縁のサクラマス(ヤマメ)には有りません。サツキマス(アマゴ)の分布域は神奈川県酒匂川以西の本州太平洋側、四国、大分県大野川以北の九州及び瀬戸内海側の河川です。山口県でも瀬戸内海側の河川に生息しますが、本来いないはずのヤマメが放流されて分布が乱れ、交雑によって遺伝的にも攪乱されています。

選択理由  遡上が確認された河川が少なく、しかも遡上数が減少している。また、ダムや堰堤などの河川横断構築物により降海性の遡上が妨げられるなど生息環境が悪化している。

形態 サツキマスはアマゴとは同種であり、河川陸封性のものがアマゴ、降海するものがサツキマスと呼ばれる。遡上してくるサツキマスの体長は30〜40cmで、スモルト化にともない明瞭だったパーマークは銀白色のグアニンの下に隠れ目立たなくなるが、アマゴに見られる体側の朱点は残る。長良川のサツキマスではスモルトや、遡上個体の体色斑紋が違う2型が知られている(川那部・水野、1989)。

分布  アマゴの分布域は神奈川県酒匂川以西の本州太平洋側、四国、大分県大野川以北の九州及び瀬戸内海側の河川である。中国地方における天然分布は瀬戸内海に流入する河川であるが、近年、アマゴの生息域にヤマメが放流されており分布が攪乱されている。アマゴはサケ科魚類としてはその分布域が南に偏っているため、河川に残留するものが多く、降海性であるサツキマスの割合は低い。アマゴの本来の分布域にはほとんどの河川でサツキマスが生息していたと考えられるが、生息環境等の悪化により減少し、現在ではサツキマスが自然個体群として維持されているのは岐阜県長良川のみとされる。山口県内ではサツキマスは小瀬川、錦川、佐波川で遡上が確認されている。また、アマゴは小瀬川、錦川、島田川、佐波川及び椹野川の各水系の上流に陸封されている。日本海に流れる阿武川、粟野川には、放流されたアマゴが生息しており、そのうち阿武川ではサツキマスの遡上が見られる。なお、サツキマスは日本固有種で、サケ属の降海型のものの中では世界の最南端に分布する。

生息・生育状況 1996年に、佐波川水系の三谷川において遡上したサツキマスが3個体捕獲された。錦川では毎年4〜5月頃遡上し、支流の宇佐川まで上る。宇佐川に合流する深谷川付近では産卵行動が見られる。孵化の翌年9月頃からスモルト化が始まり、11〜3月にかけて降海する。降海するものはメスが多く、これはオスの早熱傾向がスモルト化を抑制しているためと考えられている。長良川では降海したサツキマスは沿岸域で過ごし、海中生活わずか数ヶ月で体長30〜40cmに成長し、4〜5月に再び河川に遡上する。産卵期は10月中旬〜下旬で、源流付近まで遡上して産卵する。サツキマスとアマゴとの間には生殖的隔離は認められない。

近似種 近縁の亜種サクラマスでは体側に朱点が散在せず、サツキマスと区別される。琵琶湖特産のビワマスにも似るが、ビワマスでは体側の朱点が全長20cm以上で消失する。

学術的価値 アマゴとヤマメとの間には生殖的隔離が認められないなど系統分類学的に興味深い。サツキマスについては、ビワマスとの差異が明らかになり、「アマゴマス」(加藤文男)、「ヤマトマス」(吉安克彦)、「サツキマス」(本荘鉄夫)の3つの呼称が提唱されたが、1974年ないしは1975年に中村守純博士が裁定し、サクラマスとの対応呼称等を考慮し「サツキマス」を和名として取られた。本亜種とサクラマス、ビワマスとの類縁関係や種分化についての諸問題は興味深い。

減少原因 河川や河口付近の水質汚濁及びダム・堰堤による河川の分断などによって遡上が妨げられるなど生息環境が悪化している。また、ヤマメとの交雑などにより遺伝的攪乱が進行し、自然個体群が減少している。

参考文献  藤岡 1991, 畑間 1996, 今西 1986, 片山 1975, 片山・藤岡 1965, 加藤 1973a,b,1982, 河口 1997,川那部・水野 1989, 松原 1982, 宮地ほか 1976, 水野・後藤 1987, 日本水産資源保護協会 1998, 中村 1974,鈴木 1982, 立川 1982, 利重 1966,1970,1973 
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。