> 両生類・は虫類 トップページ
 シロマダラ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ナミヘビ科
和名 シロマダラ
学名 Dinodon orientalis (Hilgendorf)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
山口市
(撮影:山岡 郁雄)

選択理由  体長30〜70cmで細長く、背面に薄灰色の地に黒褐色の斑紋が、ほぼ等間隔に並んでいます。瞳孔が縦に長い楕円形です。アオダイショウの幼蛇と誤認されることがあります。日本固有種で北海道(札幌、奥尻島)、本州、四国、九州、及びその周辺の島々にすみ、本県では山村部を中心に数例が確認されています。山地から平地にかけて生息しますが、夜行性で岩の割れ目等の物陰に隠れる性質が強いため、人目につきにくい。敵に出会って逃げることのできないときには、体をS字状に曲げて、いかく、さらに噛みついてくることもあります。は虫類(小型のヘビ、トカゲ等)を好んで食べます。

選択理由  近隣の県では対象種に指定されていない。県内の確認情報は極めて少なく、交通事故死したものを含め、わずかに数個体が確認された程度である。森林開発、道路整備、住宅建設など人間がもたらす複数の要因により、生息環境が悪化していることが、本種減少の原因としてあげられる。

形態 体長は30〜70cmで細長い。背面は薄灰色の地に黒褐色の斑紋が、ほぼ等間隔で並んでいる。アオダイショウの幼蛇と間違えやすい。

分布  北海道(札幌近郊)、本州、四国、九州およびその周辺の島々に生息。全国的に観察例が少ないが、最近、自然愛好家などの発見もある。

生息状況 山地から平地に生息する。夜行性で物陰に隠れる性質が強いため、人目に付きにくい。敵に出会って逃げることのできないときは、体を字状に曲げて、威嚇さらに咬みついてくる。は虫類(小型のヘビ、トカゲ等)を好んで食べる。夏に数個から9個程度産卵する。

参考文献 

庫本 1994, 千石 1979, 徳本・山岡・田中 2002, 鳥羽 1996,

  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。