> 両生類・は虫類 トップページ
 ハコネサンショウウオ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サンショウウオ科
和名 ハコネサンショウウオ
学名 Onychodactylus japonicus (Houttuyn)
山口県カテゴリー 情報不足
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示

錦町

(撮影:宇都宮 妙子)

選択理由  現在、山口県と広島県の県境の数カ所にしか棲息が確認されていない極めて貴重な種である。

形態 全長120〜170mm。背面の体色は紫褐色、頭部から尾端にかけて朱色の帯が縦走する。腹面は赤みを帯びた淡褐色。

分布  近畿以東の本州、四国の山地に分布。谷川の巨岩の隙間などに産卵する。産卵期は5月。

生息状況 山口県と広島県の県境で確認されているのみである。確認後の措置について規制する必要がある。

参考文献  岡田ほか 1965, 柴田 1988, 宇都宮ほか 1990, 長谷・山岡 1995, 比婆科学教育振興会 1996
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。