> 両生類・は虫類 トップページ
 ブチサンショウウオ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サンショウウオ科
和名 ブチサンショウウオ
学名 Hynobius naevius (Schlegel)
山口県カテゴリー 情報不足
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
川上村
(撮影:山岡 郁雄)

選択理由  山間部の極限られた谷川の流水中に産卵する。近年林業の技術振興や道路の建設が進み、更にダム建設等も行なわれ、これまで産卵していた沢の減少が次世代の繁殖を圧迫しつつある。

形態 全長100〜130mm。背面の体色は紫黒色または暗褐色で、銀白色の斑点または、その集合による地衣状の斑紋がある。腹面は淡色で斑紋がある。

分布  本州の西南部、四国、九州の山地に分布。産卵期は5、6月。

生息状況 以前の報告では県内11河川で確認された記録がある。しかし、今回の調査ではそれらの河川の上流域はダム建設により水没しており、確認された成体の個体数が極めて少なく、産卵の確認も極めて困難であった。

参考文献  岡田ほか 1965, 長谷・山岡 1979,1995, 比婆科学教育振興会 1996
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。