> 両生類・は虫類 トップページ
 トノサマガエル ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 アカガエル科
和名 トノサマガエル
学名 Rana nigromaculata Hallowell
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
山口市
(撮影:山岡 郁雄)

選択理由  体長はオスが60〜80mm、メスが70〜90mmです。背面の体色は地色が灰褐色で繁殖期にオスの個体では灰黄色又は灰緑黄色となり、メスの個体では暗褐色の斑紋が明瞭となり正中線上には明瞭な淡色の線条があります。本州、四国及び九州で、近年山間の水田で極限られた場所でしかみかけなくなりました。産卵期は4〜6月で、水田の田植えが終わった頃です。山口県では、比較的広い範囲に生息していることが確認されていますが、個体数は少なく産卵期の環境が年々悪化していく傾向があります。

選択理由  県内では平野部で広く棲息した種類の一種であった。しかし、平野部での宅地化が進み、加えて農耕技術の進展に伴い産卵時期に適当な水田が無くなったことや、農薬、農機具等の使用にも影響を受けたのか、近年激減した種の一種である。

形態 体長オス60〜80mm、メス70〜90mm。背面の体色は地色が灰褐色で、繁殖期にオスの個体では灰黄色又は灰緑黄色となり、メスの個体では暗褐色の斑紋が明瞭となり、正中線上には明瞭な淡色の線条がある。

分布  本州、四国、九州。産卵期は4〜6月。

生息状況 分布図に示されるように、比較的広い範囲に生息していることが確認された。しかし、個体数は少なく産卵期の環境が年々悪化していく傾向がある。

参考文献  長谷 1961, 岡田ほか 1965, 長谷・山岡 1995, 比婆科学教育振興会 1996,
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。