> 両生類・は虫類 トップページ
 ニホンヒキガエル ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヒキガエル科
和名 ニホンヒキガエル
学名 Bufo japonicus japonicus (Schlegel)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
徳山市
(撮影:田中 進)

選択理由  体長は、オス・メスとも80〜120mmで大型のカエルです。 体色は個体差が激しく、背面黄褐色、褐色、暗褐色です。背面皮膚は、いぼ状隆起で覆われており特に耳房腺(毒腺)が大きく隆起しています。本州、四国、九州に分布しています。産卵期は2,3月頃で、冬季に水源が確保される山間部の極限られた池沼の浅瀬に産卵する習性があるため、県全域にも比較的限られた場所にしか生息していません。体が大きい割には手や足の筋肉はあまり発達していないので跳躍力はあまりありません。最近行った糞分析から、アリを多数食べている事が分かりました。

選択理由  山間部の極限られた池沼の浅瀬に産卵する習性がある。近年林業の技術振興や道路の建設が進み、産卵に適した池沼と自然林の減少が次世代の繁殖を圧迫しつつある。

形態 体長はオス、メスとも80〜120mm。体色は個体差が激しく、背面黄褐色、褐色、暗褐色。背面皮膚はいぼ状隆起で覆われており特に耳房腺が大きく隆起する。

分布  本州、四国、九州に分布。産卵期は2、3月頃。

生息状況 冬季に水源が確保される湖沼に産卵する習性があるため、県全域においても、比較的限られた場所に生息するものといえる。またそれらの湖沼の周囲には、成体が好んで住む雑木林が確保される必要がある。

参考文献  長谷 1961, 岡田ほか 1965, 長谷・山岡 1979, 1995, 比婆科学教育振興会 1996
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。