> 両生類・は虫類 トップページ
 カスミサンショウウオ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サンショウウオ科
和名 カスミサンショウウオ
学名 Hynobius neblosus neblosus (Schlegel)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー 絶滅のおそれのある地域個体群(京都・大阪)
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
長門市
(撮影:山岡 郁雄)

選択理由  全長は、70〜110mmです。体色は黄褐色や暗褐色で個体差が多い。尾の上縁に黄条がありますが、その明瞭さにも個体差があります。中国、四国、九州に分布します。山口県では、角島、青海島でも確認され、地史的意味からも重要であると考えられます。産卵期は1月から始まり3月が最盛期です。平野部の山沿い近くで、自然水が溜まる極浅い水溜りや山沿いの水田の溝に産卵する習性を持っています。しかし、産卵が確認された場所は、冬季に水源が確保される場所にのみ産卵する習性があるため極少数で、種の保存は天候に大きく左右されやすいと考えられます。

選択理由  平野部の山沿い近くで、自然水が溜まる極浅い水溜りや、山沿いの水田の溝に産卵する習性を持っている。そのような地域の多くは休耕田であったり、宅地化や道路建設が進んでいるため、産卵に適した場所が失われつつある。

形態 全長70〜110mm。体色は黄褐色、暗褐色個体差が多い。尾の上縁に黄条があり明瞭さに個体差がある。

分布  中国、四国、九州に分布。産卵期は1月から始まり3月が最盛期。

生息状況 比較的平野部でも産卵が確認される。しかし、産卵が確認された場所は県内全域でも極少数である。冬季に水源が確保される場所にのみ産卵する習性があるため、種の保存は天候に大きく左右されやすい。今回の調査において、角島、青海島で確認されたことは地史的意味からも重要であると考えられる。

参考文献  阿部 2001, 岡田ほか 1965, 長谷・山岡 1995, 比婆科学教育振興会編 1996
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。