> 両生類・は虫類 トップページ
 オオサンショウウオ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サンショウウオ科
和名 オオサンショウウオ
学名 Andrias japonicus (Temminck)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦町
(撮影:長谷 芳美)

選択理由  山口県では錦川支流の限られた清流にしか確認されてなく極めて貴重なそんざいです。国の特別天然記念物としてすでに規制措置がなされています。全長は、最長130cmが記録されています。背面の体色は灰褐色または褐色で、黒色の斑紋が散在します。頭部は胴部に比し著しく扁平です。体長に比し眼が極めて小さいのが特徴です。岐阜県以西の本州、九州北部に生息。産卵は8〜9月。極めて限られた山地の清流にしか棲息していません。産卵のために河川の極めて上流に移動するのですが、ダム建設や砂防ダムの建設に伴って産卵場所が失われつつあります。これまでに目撃された河川もいくつかありましたが、真に生息していることが確認された河川は小瀬川上流、および錦川上流のみです。

選択理由  極めて限られた山地の清流にしか棲息しない。産卵のために河川の極めて上流に移動するのであるが、ダム建設や砂防ダムの建設に伴って産卵場所が失われつつある。山口県では、錦川支流の限られた清流にしか確認されておらず、極めて貴重な存在である。国の特別天然記念物としてすでに規制措置がなされている。

形態 最長 130cmが記録されている。背面の体色は灰褐色または褐色で、黒色の斑紋が散在する。頭部は胴部に比し著しく扁平である。体長に比し眼が極めて小さい。

分布  岐阜県以西の本州、九州北部に生息。産卵は8〜9月。

生息状況 本来生息場所が限られているにもかかわらず、山口市仁保川(1998年)、山口市九田川(1999年)で成体が確認された。いずれも椹野川の支流であるが、人為的に持ち込まれた可能性も否定できない。これまでに目撃された河川もいくつかあるが、生息していることが確認された河川は、小瀬川上流、および錦川上流のみである。

参考文献  岡田ほか 1965, 村田 1995, 長谷・山岡 1995, 比婆科学教育振興会編 1996
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。