> 鳥類 トップページ
 ツリスガラ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ツリスガラ科
和名 ツリスガラ
学名 Remiz pendulinus (Linnaeus, 1758)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
下関市
(撮影:藤原 正徳)

選択理由  以前は極めて稀な鳥とされていたが、最近は渡来地が広がっている。県内でも生息が記録されるようになった。しかし、個体数は少なく、主としてヨシ原で生活しているため、今後、河原や干拓地のヨシ原の消滅により生息が懸念される。

形態 全長110mm。小さくて嘴はとがる。オスの頭上は灰色で、白い眉斑と黒い過眼線が目立つ。背は赤褐色。メスは頭上も過眼線も褐色味がある。

分布  日本には冬鳥として渡来し、主に九州や西日本の河口、川岸、海岸、干拓地のヨシ原に生息し、常にヨシの茂みの中を群れで行動することが多い。県内では、以前は観察記録が全くなかったが、1975年ごろより目立ちはじめた。内陸部や日本海側ではほとんど見られず、瀬戸内海側での記録が多い。

生息状況 平地のヨシ原に生息し、ヨシの茎に縦にとまりヨシの茎や葉鞘の部分をはがして昆虫などを食べる。チ−チ−チ−と小声で鳴きながら群れで移動していることが多い。

参考文献  日本野鳥の会 1982, 山と渓谷社 1985, 山口県立山口博物館 1989, 日本鳥学会 2000
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。