> 鳥類 トップページ
 クロツグミ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ツグミ科
和名 クロツグミ
学名 Turdus cardis Temminck, 1831
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  以前は島根県境付近の標高の高い山地で僅かに記録されていたが、最近、繁殖期に瀬戸内海側でも観察された。個体数は少ないが、繁殖の可能性もあり、今後の生息状況の変化を注目したい。

形態 全長215mm。オスは頭から尾にかけての上面と喉から胸部は黒色で腹部は白い。腹部の腋には三角形の小さな黒色斑が散在する。嘴と目の回り、脚は黄色。メスは上面が暗褐色で、下面は白色。喉から胸は赤褐色を帯び三角形をした黒色の小斑が散在する。翼の下面は暗色又は暗褐色。

分布  夏鳥として九州から北海道にかけて分布するが、生息地には偏りが見られ、本州中部から関東地方にかけては最も多く分布している地域である。県内では錦町寂地山、鹿野町長野山、阿東町十種峰、山口市東方便山周辺の標高の高い針広混交林や広葉樹林に少数生息している。しかし近年瀬戸内海の防府市大平山、大島町源明峠、上関町皇座山、宇部市西岐波、山陽町松ケ岳、徳山市等で繁殖期のさえずりが記録されるようになった。特に大平山では数羽のさえずりが聞かれ、繁殖しいる可能性がある。

生息状況 渡りの途中や冬期には平地で観察されるが、繁殖期には標高の高い森林で朗らかな口笛のような音質の大声で長くさえずるのが聞かれる。

参考文献  日本野鳥の会 1980, 日本野鳥の会山口県支部 1990, 日本鳥学会 2000
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。