> 鳥類 トップページ
 アカゲラ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 キツツキ科
和名 アカゲラ
学名 Dendrocopos major (Linnaeus, 1758)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦町 
(撮影:弘中 毅)

選択理由  全長240mm。頭から背、翼の上面、尾は黒色で、翼には小さな白斑があります。肩羽は白く大きい白斑となって見えます。雄の後頭は赤い。枯木のこずえなどを嘴でたたくドラミングで、タラララララ−と大きな音をだします。北海道、本州、四国の落葉広葉樹林に多く生息し、冬は平地近くまでおりて来ます。県東部の標高の高い山地に生息していますが、ブナなどの天然林の減少から、個体数は少ないと考えられます。

選択理由  県東部の標高の高い山地にわずかに生息しているだけで、個体数も非常に少ないと考えられる。ブナ林など天然林の減少により、営巣に適した森林がないことが大きな原因と思われる。

形態 全長240mm。頭から背、翼の上面、尾は黒色で、翼には小さな白斑が集まった横縞や大きな白斑がある。下面は白っぽい淡い褐色で、腹から下は赤色。オスは後頭に赤色がある。翼の下面の雨覆羽は白色。風切羽には白斑が多数あり、飛んだ時に目立つ。

分布  留鳥として、北海道と本州の山地の森林に生息し、本州西南部では少なく、四国や九州にはいない。県内では寂地山、滑山、鹿野町米山峠、莇ケ岳などで記録されている。冬期は日本海側や熊毛町など標高の低い所でも観察記録がある。

生息状況 標高の高い天然林に生息し、アオゲラよりは深い森林に棲む傾向がある。枯木や枯れかけた木に巣穴をほることが多い。アオゲラより生息数は少ない。

参考文献  日本野鳥の会 1980, 日本野鳥の会山口県支部 1990, 日本鳥学会 2000
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。