> 鳥類 トップページ
 カッコウ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カッコウ科
和名 カッコウ
学名 Cuculus canorus Linnaeus, 1758
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  夏鳥として渡来し、県中央部や県境の山地に生息するが、個体数は少なく, 近々年ますます減少傾向が見られる。

形態 全長350mmでオスメスともに同じ大きさである。上面は頭から背面、肩羽、腰、上尾筒にかけては灰黒色。尾は灰黒色で先端部に近づくほど藍黒色になり、羽軸に沿って白斑が横縞模様に点在する。下面は喉、胸は灰色、腹から脇、下筒尾は白色で黒色の細い横縞が多数ある。嘴は灰黒色、脚は黄色。

分布  夏鳥として全国の平地や丘陵、高原の明るい林、耕作地や海岸に近い林や低木の散在する高原などに渡来する。県内では平野部では渡りの途中以外はほとんど生息せず、寂地山や羅漢山、長野山、徳地町長者ケ原など県境の山地や秋吉台などでよく記録されている。

生息状況 夏鳥として渡来し、他のホトトギス類と同様に自分では巣は造らず、主にホオジロ、モズなどに托卵する。

参考文献  日本野鳥の会 1980, 日本野鳥の会山口県支部 1990, 小林 1993, 河村 1996b, 日本鳥学会 2000
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。