> 鳥類 トップページ
 オオバン ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 クイナ科
和名 オオバン
学名 Fulica atra Linnaeus, 1758
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
下関市
(撮影:安井 平造)

選択理由  生息少数、繁殖地や生息域が県内局限している,開発などにより生息環境が悪化、減少している。

形態 雌雄同色、全長390mm、成鳥は全身が黒い。クチバシと額板が白くよく目立つ。足指には弁状の水かきがあり、泳ぎや潜りが巧である。飛ぶ時は水面を足でけり長く助走をつける。

分布  ヨシなど水草の生えた湖、沼、池、河川などに生息し淡水を好む。県内では宇部市に集団で生息し、繁殖も見られるが、他の地域では数は少ない。冬季は水草や藻など柔らかい植物質を食べるが、繁殖期にはザリガニやエビなどの動物質を好み、これらの餌が豊富な場所で繁殖する。

生息状況 ヨシやハスなどが生えた沼や池、河口、干拓地のクリークなどに数羽ずつが生息していることが多い。秋から冬にかけては数羽から十数羽が集まり群で生活することが多い。宇部市の西沖干拓地では冬季200羽以上の群が生息している。

参考文献  日本鳥類保護連盟1988, 日本野鳥の会 1980, 環境庁 1991, 日本野鳥の会山口県支部 1990, 真木・大西 2000
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。