> 鳥類 トップページ
 コチョウゲンボウ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ハヤブサ科
和名 コチョウゲンボウ
学名 Falco columbarius Linnaeus, 1758
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  生息数少数、生息域が県内局限。開発などにより、生息環境が悪化、減少している。

形態 全長オス280mm、メス320mm。オス成鳥は頭上と背部、翼の上面が鮮やかな青灰色で、後頚、側頚及び体の下面は茶色味の強いオレンジ色で褐色の縦斑がある。メス成鳥は上面が灰褐色でバフ色の斑があり、下面はクリーム色で太い黒色縦斑がある。幼鳥はメス成鳥に似る。

分布  冬鳥として渡来し広い農耕地、干拓地、草地に生息する。瀬戸内海側の平地での観察例が多い。

生息状況 開けた農耕地や干拓地、草地などで、主に小鳥類を捕食するが、昆虫類やネズミ類なども捕食する。杭や木の枝など少し高い位置に止まり獲物を探し、見つけると地上すれすれに飛びハンティングする。獲物は見通しのきく開けた場所で食べる。

参考文献  森岡ほか 1995, 真木・大西 2000, 日本鳥類保護連盟 1988, 日本野鳥の会 1980, 環境庁 1991,日本野鳥の会 1990
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。