> 鳥類 トップページ
 ミサゴ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 タカ科
和名 ミサゴ
学名 Pandion haliaetus (Linnaeus, 1758)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:小川 孝生)

選択理由  全長オス約540mm、メス約640mm。トビとほぼ同大ですが翼が長く大きく見えます。体の上面は暗褐色、顔、腹、翼の下面は白色。頭頂は白く後頭に短い冠羽があります。魚を主食とし空中からダイビングして足で魚を捕らえます。留鳥として全国に生息しますが、繁殖期には北日本に多く、越冬季には西日本に多い。山口県では主に日本海側の離島の断崖や島嶼で繁殖しますが、繁殖できる環境が限られ営巣木の消失や釣り人などの人為攪乱があり増加の要因はありません。冬季には波の穏やかな瀬戸内海側に多く見られます。

選択理由  食物連鎖の頂点に立つタカ類はその食物を通して、人間の営みの中から自然環境に排出される農薬、環境ホルモンといったものを生物濃縮しやすく、これらに影響される。また海岸、河口、湖沼などの本種の生息域内に人が構造物を造ったり、接近することによって、営巣木が伐られたり、安全な生息地が確保されにくくなっている。残された数少ない繁殖環境である離島でも、瀬渡し船などで容易に人が上陸可能である。

形態 全長オス540mm、メス640mm。翼開長1,570〜1,740mm。トビより大きい。背、翼の上面、尾など体の上面は黒褐色。顔から腹、翼の下面などは白色。頭に短い冠羽をもつ。胸に黒褐色の帯がある。体の上面と下面の色の差が明瞭。嘴、脚とも灰黒色。

分布  ユーラシア大陸の中部、北アメリカ大陸の中部、アフリカ北部・東部の沿岸、アラビア半島、太平洋の島々、ニューギニア、オーストラリアなどで広く繁殖し、北地のものは冬、南に移動する。日本では九州以北で繁殖し、全国的に見られる。繁殖記録のある地域は北海道、本州、四国、九州、佐渡、対馬、伊豆諸島である。生息記録のある地域は隠岐、種子島、小笠原群島、硫黄列島、北部琉球、中部琉球、南部琉球、大東群島などである。

生息状況 主に海岸に棲むが、大きな湖や川にもいる。食物は魚が主で、空中で停空飛翔を行ってから、頭を下にし、足を前に出して急降下して水に突っ込み、足指の爪で魚を捕らえる。あまり魚が大きいと飛び上がるのが困難な場合もある。両足を前後にして魚を縦につかんで運び、岩の上、木の高い枝など、一定の場所で魚を食べる。あまり鳴かないがチッチッと鋭い声を出す。繁殖は島の岩上、断崖の棚、海岸や湖沼に近い大木の上などに営巣する。外国の例では人工的に立てた塔の上での営巣例もある。巣は直径 1.6mに達するものがあるように大型で、枯れ枝、枯れ草、海藻などを使い、中に羽毛、スギの樹皮、紙などを敷く。巣材は繁殖期を通じて補給される。1腹卵数は普通3個で、白色又は灰白色の地にチョコレート色の斑紋がある。おもにメスが抱卵し、抱卵日数は約35日。オスは抱卵中のメスに餌を運ぶ。第1卵から抱卵するため、ふ化するのは不ぞろいで一番遅くかえった雛は死亡することがある。雛がかえってから50〜52日で巣を離れる。

減少原因 県内では主に青海島など日本海側の島嶼や断崖などで繁殖することから、今すぐ減少する要因は少ないが、この様な繁殖環境へ釣り人が気づかないで進入する人的攪乱などが、繁殖の障害となり減少要因になりえる。

参考文献  日本鳥学会 2000, 高野 1981, 日本野鳥の会 1980, 日本野鳥の会山口県支部 1990, 環境庁 1988,1991,1998, 小林・原田 2000, 川本 1991, 二村 1979
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。