> 鳥類 トップページ
 カラスバト ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ハト科
和名 カラスバト
学名 Columba janthina Temminck, 1830
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
光市
(撮影:山本 健次郎)

選択理由  全長400mm。大型のハトです。全身黒色で頭部は紫赤色、体には金属光沢があります。嘴は暗青色で先端は緑色。足は赤い。主に日本に分布し、本州中部以南の島に留鳥として生息します。常緑広葉樹の林で植物性の食物を採餌します。繁殖期にウッウー、ウッウーと太い声で鳴くためウシバトの別名があります。山口県では下関市蓋井島、萩市見島,光市牛島など限られた島で少数が生息し繁殖しています。島での開発が生息環境を悪化させ生息数が減少しています。

選択理由  種としてのカラスバトは、カラスバト、アカガシラカラスバト、ヨナクニカラスバトの3亜種からなり、基亜種のカラスバトが韓国領土から記録があるものの、他の2亜種は日本国外に分布せず、日本の準特産種といえる。山口県では日本海側や響灘側及び瀬戸内側の島嶼のいくつかで少数が生息し、繁殖も確認されている。光市牛島での調査では、繁殖時期や場所が従来知られているものと異なり、興味深い。個体数が少ないことから、営巣地の環境破壊などで、繁殖が阻害されれば、容易に個体数が激減することが予想され、生息基盤が脆弱である。

形態 全長約400mm。尾の長い大型のハト。全身黒色で頭部には紫赤色、体には緑色の金属光沢がある。嘴は暗青色で、先端は緑色。足は赤色。

分布  主に日本に分布し、本州中部以南の海岸や島にいる。繁殖記録があるのは本州、九州、隠岐、対馬、伊豆諸島、小笠原群島、硫黄諸島、北部琉球、中部琉球、南部琉球である。ほかに四国、五島列島、男女群島、屋久島、種子島などで生息記録がある。

生息状況 暖地の主として海岸や島のシイやタブ、クスノキなどの常緑広葉樹がよく茂った林に留鳥として棲む。ツバキ、シイの実やその他の木の実、花などを食べる。樹上のほか、地上でもよく採餌する。餌の多い場所には多くの個体が集まることがある。翼を比較的ゆっくりとはばたいて直線的に飛ぶ。鳴き声はウッウー、ウッウーと太い声で間をおいて鳴く。繁殖は常緑広葉樹林中のうっそうと茂ったシイ、タブなどの大木の樹枝上や樹洞内に、枝を組み合わせた浅い皿形で外径24〜35cm粗雑な巣を作るが、稀には地上の草むら中の岩石上に営巣した例がある。産卵期は2〜9月で、5〜6月に多いといわれ、1腹卵数は1個。卵は白色無斑。

減少原因 山口県内では沿岸部の限られた島嶼で極く少数が生息し、繁殖しているだけであり、営巣環境が破壊されれば、容易に個体数が激減することが予想される。光市牛島では一時野生化した飼いウサギが草本類を食べ植生を変化させ、生息条件の悪化が懸念されたが、最近は野生化したウサギの姿は見られなくなった。また萩市見島ではカラスバトの営巣に適した環境が道路工事で寸断されるなどして観察機会が減少している。

参考文献  日本鳥学会 2000, 高野 1981, 日本野鳥の会 1980, 日本野鳥の会山口県支部 1976,1990, 環境庁 1988, 1991, 1998, 山本・三宅 1994, 小林 1996a,1998b, 山口県立山口博物館 1989, 小林・小川 1995, 山口県野生生物保全対策検討委員会 1995, 中村・児玉 2001
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。