> 鳥類 トップページ
 ホウロクシギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 シギ科
和名 ホウロクシギ
学名 Numenius madagascariensis (Linnaeus, 1766)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
豊北町
(撮影:小林 繁樹)

選択理由  繁殖地が局地的で個体数が少ない。山口県下では春秋の渡りの時期に、広い砂質干潟を好んで生息する。干潟の減少など生息環境が悪化している。

形態 全長610mm。上下面は淡褐色に黒の縦斑がある。嘴は長く下に湾曲し干潟のカニなどを取るために適応している。ダイシャクシギに似るが全体に褐色が濃く腰と翼下面が白くない。ダイシャクシギより大型で嘴も長い。

分布  中国北東部、カムチヤッカ半島、シベリア北東部で繁殖し、冬はフイリッピンなどに渡る。日本では春秋の渡りの時にダイシャクシギと混群となり広い干潟に飛来する。瀬戸内側では木屋川河口、厚狭川河口、土路石川河口、西浦干拓地、岩国市尾津、豊北町角島でも少数が渡来する。

生息状況 春秋の渡りの時に見られるほか、越冬や北海道での繁殖期の記録もある。干潟でカニなどを採餌する。繁殖地はカムチヤッカやシベリアの湿地帯で小さなコロニーを作り、3〜4個の卵を産卵する。

参考文献  日本鳥学会 2000, 高野 1989, 日本鳥類保護連盟 1988, 吉井 1988, 清棲 1966, 環境庁 1991, 日本野鳥の会山口県支部 1994, 秋本 1998b, 藤本 1997, 寺森 1996, 坂根 1994
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。