> 鳥類 トップページ
 オオタカ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 タカ科
和名 オオタカ
学名 Accipiter gentilis (Linnaeus, 1758)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
下関市
(撮影:藤原 正徳)

選択理由  生態系の頂点に位置する鳥であり、個体数は多くありません。全長オス500mm、メス585mm、翼開長1050mm〜1300mmです。上面は暗青灰色で、下面は白く黒褐色の細い横斑があります。尾はやや長く、白く明瞭な眉斑があります。翼下面は白く、黒褐色の横斑があります。日本の固有亜種で、北海道・本州・四国で繁殖し、九州・南西諸島に冬鳥として飛来します。県内では1988年以後繁殖の記録は見られませんが、最近観察記録が増え、求愛行動なども観察されていることから繁殖の可能性が高いと思われます。

選択理由  生態系の頂点に位置する鳥であり、個体数は多くない。

形態 全長オス500mm、メス585mm、翼開長1,050〜1,300mm。上面は暗青灰色で、下面は白く黒褐色の細い横斑がある。尾はやや長い。白く明瞭な眉斑がある。飛翔時、翼は短くて幅がある。翼下面は白く、黒褐色の横斑がある。嘴基部と足は黄色。虹彩はオレンジ色または黄色。メスは褐色味が強く、虹彩は黄色。幼鳥は全身褐色。

分布  日本の固有亜種で、北海道、本州、四国で繁殖し、九州、南西諸島に冬鳥として飛来する。県内では1988年以後繁殖の記録はみられないが、最近観察記録が増え、ディスプレイフライトなども観察されていることから、繁殖の可能性が高い。

生育状況 平地から低山地の森林に住むが、越冬期には農耕地や河川敷、湖沼畔などの開けた場所にも現れる。採食は鳥類を主に哺乳類も食べる。

参考文献  山口県立山口博物館 1989, 高野 1981,1996, 環境庁 1993, 五百沢ほか 2000, 日本鳥学会 2000, 藤原 1999b, 安井 1999
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。