> 鳥類 トップページ
 ツクシガモ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カモ科
和名 ツクシガモ
学名 Tadorna tadorna (Linnaeus, 1758)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IB類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
下松市

(撮影:小林 繁樹)


選択理由  全長630mm。オスの頭部と上頸は緑色光沢のある黒色で、頸下部は白い。体は白く、肩部から胸にかけて栗色ですが、肩羽は黒く、胸から腹まで黒い縦線があります。尾は白く先端が黒い。嘴は赤色で繁殖期には上嘴基部がこぶ状に隆起します。脚は橙赤色。日本には冬鳥として渡来しますが、越冬期の生息状況は局所的で、個体数も多くありません。山口県内には以前から冬鳥として少数が飛来し、山口湾、厚東川河口沖、木屋川河口などが知られており、近年は下松市、新南陽市でも小群が見られます。主に海岸や河口の広い干潟に棲み、潮が引いた干潟を歩きながら、貝類、エビ、カニ、海藻などを食べます。生息環境である海岸や河口の広い干潟が、埋め立てや干拓工事などによって狭められ好適な生息地が減少しています。本種が安心して飛来越冬できる環境を確保、保存していくことが必要です。

選択理由  本種の日本国内での越冬期の生息状況は局所的で、個体数も多くない。山口県内には以前から冬鳥として小群が飛来しており、主な場所は山口湾、厚東川河口沖、木屋川河口などが知られているが、近年では下松市、新南陽市でも小群が見られる。

形態 全長630mm。オスの頭部と上頸は緑色光沢のある黒色で、頸下部は白い。体は白く、肩部から胸にかけて栗色であるが、肩羽は黒く、胸から腹まで黒い縦線がある。尾は白く先端が黒い。風切は黒色。嘴は赤色で繁殖期には上嘴基部がこぶ状に隆起する。脚は橙赤色。メスの色彩は全体に鈍く、嘴基部に白線がある。若鳥の色彩はさらに鈍く、腹部の黒い縦線がない場合もある。

分布  ヨーロッパ中部の沿岸、黒海周辺から中国東北地区までのアジア中央部で広く繁殖し、冬は北アフリカ、ヨーロッパ南部、インド北部、中国、日本などに渡る。日本には冬鳥として渡来するが、多くない。記録のある地域は北海道、本州、四国、九州、隠岐、伊豆諸島、中部琉球、南部琉球などである。

生息状況 主に海岸や河口の広い干潟に棲むが、水田跡、海に近い水溜まり、干拓地などにいることもある。潮が引いた干潟を歩きながら、貝類、エビ、カニ、海藻などを食べる。水上を泳ぐことも多い。飛翔時、はばたきはゆっくりしていてガン類に似る。日本では繁殖しない。水辺にある土手の穴、岩のすき間、樹洞、ノウサギの巣穴などに営巣する。あまり巣の材料を使わないで、自分の綿羽を多量に敷く。1腹卵数は5〜11個、卵はクリーム白色。抱卵日数は29〜31日。

減少原因 生息環境である海岸や河口の広い干潟が、埋め立てや干拓工事などによって狭められ好適な生息地が減少している。本種が安心して飛来越冬できる環境を確保、保存していくことが必要である。

参考文献  日本鳥学会 2000, 高野 1981, 日本野鳥の会山口県支部 1990,1993, 環境庁1988,1991,1998, 武下・佐本・武石 1994, 日本野鳥の会研究センター 1989,1992, 小林 1986,1993c
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。