> 鳥類 トップページ
 ヘラサギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 トキ科
和名 ヘラサギ
学名 Platalea leucorodia Linnaeus, 1758
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 情報不足
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
阿知須町
(撮影:小川 孝生)

選択理由  数少ない冬鳥または旅鳥として渡来、西日本での記録が多い。

形態 全長700〜950mm、翼開長1,150〜1,350mm。全身白く、頸も足も長い。しゃもじ形の長くて黒い嘴をもち、先の平たい部分は黄色。嘴の基部から目につながる線状の黒い露出部がある。夏羽では後頭に冠羽がでる。

分布  ユーラシャ大陸中部・インド・アフリカ北部に分布。日本には数少ない冬鳥として北海道から南西諸島まで飛来、九州では毎年越冬する。県内では岩国市米軍基地内、山陽町厚陽、阿知須町土路石川の記録がある。土路石川では1995年から2001年まで2000年を除き毎年飛来している。

生育状況 水田・湿原・干潟に生息する。干潮時干潟のみお筋で、嘴を垂直に水にいれ、開閉させながら弧状に動かして小魚、エビ、カニなどの餌を取る。白サギ類と違って頸を伸ばして飛ぶ。

参考文献  山口県立山口博物館 1989, 高野 1981,1996, 桐原ほか 2000, 日本鳥学会 2000, 岩井 1995b
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。