> 鳥類 トップページ
 セイタカシギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 セイタカシギ科
和名 セイタカシギ
学名 Himantopus himantopus (Linnaeus, 1758)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IB類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
萩市
(撮影: 小林 繁樹)

選択理由  全長350〜400mm。長い嘴と長い足が目立ちます。翼は黒褐色で頭と下面は白い。足は濃いピンク。淡水性の湿地を好み、水田、ハス田などに生息し、アフリカ、中央アジア、オーストラリアなど広く分布します。日本では稀な渡り鳥でしたが、国内で繁殖が確認されて以来、観察個体も多くなる傾向が見られます。山口県でも毎年各地で観察され、岩国市尾津、阿知須干拓地、西沖干拓地などに渡来しますが、湿地の減少など生息環境が悪化しています。

選択理由  干潟の減少や埋立てなど開発による生息環境の悪化。

形態 全長350〜400mm。長い嘴と長い足が目立つ、翼は黒褐色で頭と下面は白い。足は濃いピンク。干潟よりも淡水性の湿地を好み、水田、ハス田などに生息する。

分布  中央アジア、インドシナ、など広く分布する。日本では以前、稀な渡り鳥であったが、国内で繁殖が確認されて以来、観察される個体数も多くなる傾向が見られる。山口県でも毎年各地で観察される。下関市小月、岩国市尾津、阿知須町阿知須干拓地、宇部市西沖干拓地などに渡来する。

生息状況 国内でも各地で繁殖し始めて、近年、個体数が多くなった種類である。繁殖は弱いコロニー性が見られ、湿地の中洲に簡単な巣を作り、雌雄交代で抱卵する。

参考文献  日本鳥学会 2000, 高野 1989, 日本鳥類保護連盟 1988, 吉井 1988, 清棲 1966, 環境庁 1991, 日本野鳥の会山口県支部 1994, 藤原 1994a,1994b, 弘中 1991b, 小林 1992, 渡辺 1994e, 山本 1995, 小林・弘中 1994
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。