> 鳥類 トップページ
 ヘラシギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科s名 シギ科
和名 ヘラシギ
学名 Eurynorhynchus pygmeus (Linnaeus, 1758)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IB類
   
   

選択理由  生息少数、生息域が県内局限している。全世界で2,500〜1万羽といわれ、近年生息数の減少が著しい。

形態 全長150mm、雌雄同色。嘴の先がヘラ状になっている。成鳥夏羽は頭部から胸までが赤褐色、胸から下面は白く、胸から脇にかけて黒褐色の縦斑がある。嘴と足は黒い。冬羽は頭部から上面が灰色で白い羽縁がある。白い眉斑があり、体下面も白い。頭頂は褐色で黒褐色の縦斑がある。

分布  ほぼ全国的に記録があるが数は少ない。数少ない旅鳥として県内では瀬戸内側の干拓地や農耕地での記録が少数ある。

生息状況 春秋の渡り時期にたまに見られる程度。トウネンの群に混じっていることが多く、ほとんど1羽であるが、1997年阿知須干拓地で2羽確認されている。ヘラ状の嘴を左右に振りながら餌を探す。

参考文献  日本鳥類保護連盟 1988, 日本野鳥の会 1980, 環境庁 1991, 日本野鳥の会山口県支部 1990, バーダー編集部 2000, 日本野鳥の会 2001, 真木・大西 2000
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。