> ほ乳類 トップページ
 サイゴクジネズミ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 トガリネズミ科
和名 サイゴクジネズミ
学名 Crocidura dsinezumi dsinezumi Temminck,1844
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
周東町
(撮影:弘津 聖也)

選択理由  本亜種の生息地は開発によって減少し、個体群の分断がみられ、生息密度が稀薄であることから種の存続が難しい。早急な保護対策が求められる。但し、本亜種は近県(広島・島根)にも分布することから絶滅危惧(I・II類)にあげるには到らない。

形態 頭胴長64〜70mm、尾長40〜46mmであり、本邦産食虫類の中で最も小型のトガリネズミ科に属する。そのため外部形態はトガリネズミ属と酷似するが、4肢の短毛を生ずる部分や吻が長いこと、また耳介が大きいこと、鼻鏡が左右に分岐することなどで異なる。特に頭骨標本において次のような顕著な違いが見られる。トガリネズミの歯は赤染しているのに対し、本種のそれは純白であること。また、前臼歯の前尖は小さく上の第3単尖歯よりも低く、脳筐がやや長く卵型であることから区別できる。体色は背面が濃褐色(夏)から灰褐色(冬)であり、腹面は明るい淡紫灰色である。

分布  本州西部(近畿、中国地方の一部)、四国、九州、隠岐(基産地;九州) 。本県においては、防府市の中心を流れる佐波川河畔の竹林と土手、その支流のアカマツ林と隣接する畑地で採集している。また、徳地町の島地川ダム湖周辺のスギ植林地及び鹿野町長野山での捕獲例がある。

生息状況 照葉樹林に接する田畑の畦などに穴居し、小型昆虫類やクモ類、ジムカデ類などを捕食すると思われる。本県ではこれまでに捕獲・採集により確認された例はきわめて少ない。山地よりも里山を好んで生息するが、生息密度が低く、詳しい生態が解明されていないためと考えられる。メスは春に3〜4頭の仔を産み、寿命は1年余と考えられている。

減少原因 生息場所である照葉樹林の減少と、田畑にみられる近年の農地整備事業や畦のセメント張りにより繁殖場所が消失している。また、開発に適した場所では、アスファルト道路や住宅地・ゴルフ場などが建設され、生息地が分断され個体群が孤立したためと考えられる。

参考文献  今泉 1970, 阿部 1994, 建設省河川局治水課監修 1994, パシフィックコンサルタンツ株式会社 1995, 村田 1997
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。