> ほ乳類 トップページ
 ニホンリス ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 リス科
和名 ニホンリス
学名 Sciurus lis Temminck,1844
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅のおそれのある地域個体群
   
   

選択理由  ニホンリスは、1959年、1981年に錦町において捕獲されている。以後目撃をはじめとする確かな情報はなく、山口県内では絶滅も考えられる。

形態 頭胴長16〜22cm、尾長14〜17cm、体重250〜310g、背面は夏毛では赤褐色、冬毛では灰褐色、腹は純白である。尾の先が白い。冬毛では耳先にふさ毛が生じる。

分布  日本固有種で、本州、四国、九州、淡路島に分布する。西日本には少なく、九州では近年確実な記録がない。山口県内では、錦町で捕獲記録がある。

生息状況 平野部から亜高山帯までの森林に生息するが、低山帯のマツ林に多い。昼行性で、おもに樹上で活動する。種子、果実、キノコ、昆虫、小鳥の卵などを採食する。小枝、樹皮などで球形の巣を樹上の枝の間などに作。初春から秋まで繁殖し、出産回数は年1〜2回。春から秋に2〜6頭を産む。山口県内では錦町に捕獲記録があり、生息していたと考えられるが、1981年以降確実な生息情報はない。隣接の島根県、広島県においてもこの20年間生息情報はなく、絶滅が懸念されている。

減少原因 もともと生息密度が低いと考えられており、スギ・ヒノキなどの造林による、採食樹の減少、道路による生息地の分断などにより絶滅した可能性が高い。

参考文献  西垣 1996, 石井 1994a, 川道 1997b, 山本 1991, 加藤 1991, 環境庁 1991a
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。