環境学習のひろば ::環境学習推進センター

環境学習のひろば 環境学習推進センター
HOME
学ぶ
調べる
つなぐ
環境学習推進センターのご案内
環境学習のひろば メールマガジン

学ぶ

学習指導者や環境に関する講座などの情報を掲載しています。

活動報告

NPO法人周防大島自然体感クラブと共催で環境学習講座を開催しました。
大島富士自然観察教室
2007年11月26日

○環境学習推進センターでは、「NPO法人周防大島自然体感クラブ」と連携し、下記講座を開催しました。

         日程 : 平成19年11月17日(土)

1 スケジュール

    10:00~10:45  八幡生涯学習のむら集合、オリエンテーション、移動

   10:45~12:00  岩屋権現~嵩山山頂
                環境ミニレクチャー
                嵩山自然観察

      12:00~12:30  山頂にて
          
            竹林繁茂、開発行為の現状視察
          
           昼食

      12:30~13:00  八幡生涯学習のむらへ移動
         
            まとめ、アンケート記入等

 2 活動内容  
    NPO法人周防大島自然体感クラブの田中さんから挨拶、講師の紹介があり、嵩山に向かう前に講師の南敦さんから周防大島の植生について説明がありました。その後、嵩山山腹にある岩屋権現入り口までバスで移動し、そこから山頂まで歩いて登り、実際に植物を見て、説明を受けながら自然観察を行いました。

 概要:大島富士と敬称される嵩山(だけさん:標高618m)の自然(木々や草
          花、野鳥など)を観察し、自然環境を守ることの大切さを実感するととも
          に、頂上から見える竹林繁茂などの現状を眺め、その問題点等を考え
          る自然観察教室を開催する。

 

【開講・オリエンテーション】八幡生涯学習のむらにて
suouoshima 002.jpg suouoshima 003.jpg

 講師の南先生から、八幡生涯学習のむらの周辺にあった草花を用いて、帰化植物の紹介がありました。帰化植物:人為的な導入や偶発的な移入により侵入・定着し、野生化した植物(外来種のうち野外に定着したものを帰化種という)。) ・マルバルコウソウ  ・アメリカアサガオ  ・コミカンソウ   ・ヒメマツバボタン  ・オツタチカタバミ  ・オオアレチノギク・コセンダングサ


【自然観察】岩屋権現~嵩山山頂

suouoshima 007.jpg suouoshima 009.jpg

 嵩山中腹にある岩屋権現入り口までは、バスで移動した。バスの中で、南先生から説明がありました。「世界では動物も植物も多くの種が絶滅していますが、山口県の植物も年に10種類ずつ減ってきています。その原因は地球温暖化もそうですが、肥料のやりすぎや自動車の排気ガスの影響など、様々です。大島の地質は火山岩で出来ているため、カルシウムを多く含んでいて、変わった植生が見られます。みかんも甘くおいしいものができるのです。また、文珠山、嘉納山、嵩山とも瀬戸内海国立公園に指定されていますが、そのことも、規制されている植物があることも知らない人が多いこともあり、希少な植物などが取られています。」

・帰化植物だけでなく、つる植物が増えてきている。

・くずは昔、くすりの原料となっていたため、くすり→くす→くずと呼ばれるようになった。1年で80m伸びると言われている。

 バスの移動中の沿線にあった植物:コウゾ、アカメガシワ、ハゼ、イロハモミジ、サクラ、エゴノキ、ウデハラカエデ・・・など。

 

suouoshima 012.jpg   suouoshima 014.jpg

 嵩山中腹にある岩屋権現。大きな火山岩で出来た洞窟の奥に国常立命(くにのとこたちのみこと)の神がまつられていて、正月には地元の方々が参拝に訪れるという。

 

suouoshima 016.jpg suouoshima 018.jpg

      権現様へ続く階段        カゴノキ(木肌がおもしろい)

 

suouoshima 021.jpg suouoshima 020.jpg

        マムシグサ                  マメヅタ

 

suouoshima 023.jpg 

      キノコ(ヒラダケ)

 

 ツル植物が木に巻き付いて木をだめにしてしまうという。巻き付いているツルを切りながら歩くだけでも、木を助けることができる。コケやキノコが付いている木は弱っている証拠。

 

suouoshima 019.jpg suouoshima 022.jpg

テイカカズラ、マメヅタ、ウバメガシワ、カヤ、ナンテン、イヌシデ・・・。

カヤ、ナンテンは群生していた。

 

suouoshima 027.jpg

  
  

 嵩山山頂より、旧橘町方面。杉が植林されたところもあるが、バラエティに富んだ木々のある自然の山が多い。しかし、ところどころに竹林が繁茂している状況も見え、整備の必要性があることがよく分かりました。

 

(感想)

 参加者は、良い天気の中、自然を満喫しながら、植物の名前と解説に熱心に耳を傾けていました。周防大島は、高齢化と過疎化が進み、人口が減ってきています。そのため、里山も手入れができない状況になりつつあります。森を守るには、人の手が必要。「周防大島の美しい景色、自然を知ってもらい、多くの人に住んでもらいたい。」とのこと。温暖な気候を持つ周防大島の恵まれた自然環境を大切にしなければいけない、また山口県の恵まれた自然環境についても見つめなおすきっかけになったと思います。

 

 

○「特定非営利活動法人周防大島自然体感クラブ」

  〒742-2301

  周防大島町大字久賀1102-1 八幡生涯学習のむら

  TEL 0820-72-2601  FAX 0820-72-2655